Home >> 研究
研究

 地域が直面している課題は、複雑・広範化しており単一の領域科学では解決のできない課題が多く生起しています。こうした地域の課題の解決のためには、大学が地域の様々な課題を鋭敏にキャッチし、大学のもつ知・人・ネットワーク等を最大限駆使して、その課題の解決に向けた取り組みを推進することが必要です。

 そのために、地域協学センターでは、学際的に複数の学問の「協働」、分野・部局(学部・センター等)横断的な連携の強化、地域と「協学」しながらこうした地域の課題解決に貢献する積極的な取り組み(課題解決に向けた実践的な方策等の研究及び地域志向教育活動)を「地域志向学」プロジェクトとして位置付け支援し、地×知の拠点形成に取り組みます。

岐阜大学COC「地域志向学プロジェクト」成果報告書 平成27(2015)年度について
平成27年度に実施した地域志向学プロジェクトの研究・教育活動を取りまとめた成果報告書を作成いたしました。 image  


岐阜大学COC「地域志向学プロジェクト」成果報告書
お知らせ
2017.05.16
2017.04.20

笠松町と連携に関する協定を締結しました。

2017.04.17

ぎふPPP/PFI推進フォーラムを開催します。

2017.04.13
2017.04.07

岐阜県と岐阜大学地域協学センターにおける統計調査に関する教育の協働推進に係る覚書締結式を実施しました。