Home >> イベント
イベント

現在、地域協学センターが開催中のイベント、過去に開催したシンポジウムやフォーラム、FD・SDの様子を公開しております。

 2017年07月10日
宇宙工学講座開講式を実施しました

 岐阜大学地域協学センターは、6月24日(土)、宇宙工学講座開講式を実施し、宇宙工学講座を受講する岐阜県内の高校生及び高専生等72人が参加しました。
 宇宙工学講座は、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)における「高大連携事業」の一環として、岐阜県、各務原市、岐阜県教育委員会及び岐阜工業高等専門学校と連携して実施し、テレビ会議システムを利用した各高校での講義受講のほか、(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)等の見学も行い、最先端の宇宙教育を提供するものです。
 開講式では、森脇学長から「受講生の皆さんには、航空宇宙産業の更なる発展に寄与することを期待したい」と挨拶がありました。
 開講式に引き続いて川崎重工株式会社航空宇宙カンパニーの久保田伸幸氏による「川崎重工業(株)航空宇宙カンパニーが取り組む宇宙開発」と題した特別講演が行われ、参加した高校生・高専生は熱心に聞き入っていました。
 今後本講座では、岐阜大学やJAXA等の講師による計9回の講義及びJAXA等の見学を予定しています。

1   2

開会挨拶をする森脇学長

 

特別講演の様子

 2017年04月20日
笠松町と連携に関する協定を締結しました

 岐阜大学と笠松町は、4月17日(月)に連携に関する協定を締結しました。
 本協定は、岐阜大学と笠松町が、多様な分野で包括的に緊密な協力関係を築き、持続的・発展的に連携を深めることにより、活力ある地域社会の形成・発展及び未来を担う人材育成に寄与することを目的としています。なお本学が地方自治体と連携協定を締結するのは21件目です。
 笠松町役場で行われた協定締結式では、広江正明笠松町長より「笠松町と岐阜大学が一体となって様々な課題に取り組んでいきたい。若い学生に参加してもらいながら、まちの活性化を図っていくチャンスではないかと思う。」と、森脇学長からは「学生と一緒になって地域の特徴や問題、解決策を勉強し、取り組んでいくことが、地域活性化の中核拠点として必要となる姿勢だと考えている。今後笠松町と一緒になって教育や健康を中心としたまちづくりに取り組んでいきたい。」と挨拶がありました。
 今後岐阜大学と笠松町は、岐阜工業高校との高大連携事業、木曽川や馬といった資源を活用した取り組み等について協議を進めていく予定です。

DSC06675

協定を締結し、握手を交わす森脇学長(右)と広江町長

お知らせ
2017.07.11
2017.07.10

宇宙工学講座開講式を実施しました。

2017.06.16

平成29年度に実施する「地域志向学プロジェクト」公募の採択が決定しました。

2017.06.08

平成29年度 第3回ぎふフューチャーセンターを開催します。

2017.05.31

平成29年度 第2回ぎふフューチャーセンターを開催します。