Home >> フューチャーセンター
フューチャーセンター

 フューチャーセンター(Future Center)とは、多様な人たちが集まり複雑化したテーマ(課題)について「未来志向」、「未来の価値の創造」といった視点から議論する「対話の場」のことを指します。岐阜大学ではこのような地域との対話を創発するためのフューチャーセンターや多様な人との交流ができる空間を構築・運営し、地域との「協学」を推進します。

①地域との対話を通して地域が直面している複雑・広範化した課題の解決に向けて取り組みます。
②フューチャーセンターを活用し、社会貢献に取り組みます。

・産業への貢献:研究主体から学生・生涯教育を含めた地域課題解決を目指します。
・地域政策への貢献:地域課題を浮き彫りにし、地域と協学しながら解決するという循環を創出します。
・地域教育と文化への貢献:地域をめぐる「学び」の仕組みを作り、地域住民が自らの地域課題に即して行政と協働して解決し得るよう支援します。

 2017年03月23日   フューチャーセンター通信
フューチャーセンター通信 vol.30
地域志向学プロジェクト 多治見市 

研究者と地域との関わりを整理IMG_3868

 地域協学センターでは、地域の課題に対して複数の学問領域の協働による解決に向けた取組みを推進するために「地域志向学プロジェクト」の研究支援を行っています。研究プロジェクト採択者の参加を募り、2月14日(火)、「地域志向学とは何か―研究対象となっている「地域」とは何か」をテーマにフューチャーセンターを開催しました。
 各グループの進行役は学生が担い、地域関係者も交えた状態で、最初に研究者がそれぞれの研究内容について説明しました。具体的な研究活動のイメージを共有した後、研究者と地域との関わりについて自由に意見交換を行いました。行政との相互理解の重要性、地域で研究活動を進めるときの学生の役割、地域住民との関係性の構築、問題意識の共有等、グループごとに様々な視点が出されました。
 地域志向学に関するフューチャーセンターは今後も継続的に開催します。今回の成果をもとに、次年度以降さらに視点を絞り込んだ形で対話の場を作っていく事で、地域志向学の形を明らかにしていきます。

今回のまとめ

・研究者と行政や地域住民とのマッチングの機会が大切
・プロジェクトを通して地域の人とのつながりが得られた
・地域にとっての当たり前が研究者には大きな発見になることもある
・大切なのは問題意識を研究者と地域で共有すること


DSC_8457 DSC_8513
DSC_8474 IMG_3863


現場で探る、商店街の課題と可能性 
-多治見ながせ商店街-

IMG_3100

 第10回ぎふフューチャーセンターは、2月21日(火)に多治見市のながせ商店街において開催し、学生、商店街の方、自治体職員等計20名が参加しました。
 参加者はそれぞれミッションをもって商店街を散策したあと、ながせ商店街の魅力や特徴について意見交換し、より多くの人に商店街に来てもらうための仕掛けについて提案を行いました。発表では「アベックが来る商店街」、「学生も楽しめる商店街!」などのキャッチフレーズと共に数々の仕掛けが提案されました。提示された意見は、今後自治体等の施策の参考とされることが期待されます。
 また、学生にとっては、多治見市やまちづくりについて学んだり、iPadを活用して散策するなど、学びの多いフューチャーセンターとなりました。 

今回のまとめ
・朝昼は30代以上の女性、夜は会社帰りの人をターゲットとした「一日中居られるながせ商店街」

・若い人が来る店舗を増やし「アベックが来る商店街」
・緑を増やしカフェでのんびり「人生に潤いをもたらす商店街」
・高校生をターゲットにした商品や店舗をつくり「学生も楽しめる商店街!」


DSC_8636 DSC_8735


1IMG_3144





プラス思考が必要
普段の生活で関わらない方と関わるのは、ここでしかできない経験。意見を実現に向けて、プラス思考へアイディアを変えていくという考え方が印象的でした。

1DSC_8898
 
新たな期の地でまちづくりを考えます
学生さんが初めて見る商店街の感想を生できくことができ、今後は新たな気持ちで商店街のまちづくりを考えたいと思いました。
商店街に滞在してもらうため女性をターゲットにした「花カフェ」の提案がよかったです。
1DSC_8826
 
固定概念をこわす提案を求む!
学生さんがターゲットを絞り、それをとっかかりとして考えていくところが面白かったです。
もうすこし時間をかけて話し合うことで、もっと突拍子のない意見がでてくるのではないかと思います。

FC通信Vol.30のPDFはこちら↓

 2017年03月23日   フューチャーセンター通信
フューチャーセンター通信 vol.29
高山市 羽島市 

地域リーダーとしての地域貢献写真大

 1月23日(月)に高山市との共同開催で、高山市役所保健センターを会場に、「地域リーダーとして地域貢献」をテーマにしたぎふフューチャーセンターin高山を開催しました。今回のフューチャーセンターは、高山市のまちづくり協議会からの推薦者38人と高山市職員9人の合計47人が参加しました。
 高山市では、地域で新しいまちづくりの形として20地区にまちづくり協議会が立ち上がり、その活動が本格的に運用されて2年目を迎えました。まちづくり協議会の組織・活動が持続し、活発化するために、次世代を担う若者等が対話しコミュニケーションを図る中で、将来のビジョンを創造し、自身の役割と取り組みを考える場として、ぎふフューチャーセンターを開催しました。
 今回は、COCセミナー「The学」(テーマ:「地域の課題とリーダーの姿」)を同時に開催し、参加者は講義を聴講し情報を共有した後に、自分ができる地域貢献という視点から地域の課題とその解決策について対話しました。
 地域の課題として、「若者が地域に関わらないこと」、「地域の行事がマンネリ化」「地域の組織体制と役員の負担が大きな問題」、「地域の情報が若者に届かない」と言った意見が出されました。そして、その解決策として、「地域が若者の意見を積極的に聞き入れる体制づくり」、「多様な人たちとの意見交換の場を積極的に開催すること」などが提案されました。
 次世代を担う参加者が、今回の課題・解決策を踏まえて具体的な取り組みへと展開させ、地域のリーダーとして活躍することが期待されます。

今回のまとめ
・地域が若者の意見を積極的に聞き入れる体制をつくる
・若者が地域振興を前向きに捉えて新しい感覚でアイデアを提案する
・身近な情報や各地域の情報を地域住民に発信する
・多様な人たちとの意見交換の場を積極的に開催する


写真中1 写真中2

写真下1 写真下2

若者が行きたくなる
‟竹鼻まちなか„散策コースを考えよう! 

写真大

 2月1日(水)に、「若者が行きたくなる“竹鼻まちなか”散策コースを考えよう!」をテーマに、羽島市消防庁舎を会場に第9回ぎふフューチャーセンターを開催しました。今回は、岐阜大学生7人、若手の羽島市職員10人、大学教職員4人の合計21人が参加しました。
 羽島市の中心部・竹鼻地区には、数多くの寺社仏閣や老舗酒蔵等の魅力ある資源があり、かつては中心地として栄え、多くの人で賑わいを見せたが、現在は人通りもなく閑散としています。今回のフューチャーセンターでは、若者が行きたくなる魅力的な散策コースの設定や仕掛けづくりを検討し、若い来訪者の増加やまちなかの賑わいづくりに繋げることを目的に開催しました。
 今回のフューチャーセンターで、参加者は、グループに分かれ実際に竹鼻のまちなかを散策した後に、グループワークに取り組みました。グループワークでは、散策で各自撮影した写真を見せ合い魅力について意見を出し合いながら、コンセプトを設定した新たな散策コースと工夫・仕掛けを提案しました。今回出された意見やアイディアの中で実施可能な提案については、4月下旬に竹鼻まちなかで開催されるふじまつりの際に、試験的な取り組みの参考にされることが期待されます。

今回のまとめ
・恋愛成就コース
・RETROなまちなみ セピアをさがす
・竹鼻さんぽ~時代を勘違いしてみませんか?~
・竹(たけ)ちゃん、はなちゃん ご当地グルメぐり!


写真上 写真中


1インタビュー羽島市職員





地元の違った一面を見ることができた
羽島が地元なのですが、お祭りの時以外にまちなかを歩くことがなかったので、今回地元の違った一面を見ることができて、散策で見つけたお店に買いに行きたいと思いました。
色んな年代の人たちと話すことができてとても楽しかったので、これからもフューチャーセンターに参加したいと思いました。

1インタビュー学生
 
若者のパワフルな意見に驚いた
若者のパワフルな意見に驚かされました。皆でじっくりと話し合い結論を出すことが新鮮な大変で楽しかったです。人を集めるための学生の意見が聞けて良かったです。今後は、竹鼻のまちをただ歩くだけでなく、一歩踏み込んでアクションを起こしてみたいです。

FC通信Vol.29のPDFはこちら↓

  
お知らせ
2017.04.20

笠松町と連携に関する協定を締結しました。

2017.04.17

ぎふPPP/PFI推進フォーラムを開催します。

2017.04.13
2017.04.07

岐阜県と岐阜大学地域協学センターにおける統計調査に関する教育の協働推進に係る覚書締結式を実施しました。

2017.04.07

平成28年度岐阜大学地域協学センターシンポジウムを開催しました。